会則

南方資源利用技術研究会会則

(名称)

第1条
本会は南方資源利用技術研究会と称する。
第2条
本会の事務所は琉球大学内に置く。

(目的)

第3条
本会は熱帯・亜熱帯地域における資源を有効に利用する技術の発達を図ることを目的とする。

(事業)

第4条
本会は前条の目的を達成するために次の事業を行なう。
(1) 研究会等の開催
(2) 会員の共同研究
(3) その他必要な事業

(会員)

第5条
本会の会員は、熱帯・亜熱帯地域における資源の利用に関する研究・技術開発に関与している者、または本会の趣旨に賛同し本会の承認を得た者とする。会員は個人で加入する一般会員と事業体で加入する特別会員とする。
(2) 本会の発展に関し功績のあった者で、理事会が推薦し、総会の承認を経た者を名誉会員とする。名誉会員は会費を納めることを必要としない。

(総会)

第6条
本会は必要に応じ年1回以上総会を開き予算、決算、役員の選出その他重要な事項を議決する。

(役員)

第7条
本会に会長、副会長各l名および幹事(庶務担当、会計担当)若干名を置く。
第8条
本会に若干名からなる理事会(会長及び副会長を含む)を置き日常の業務について審議する。
第9条
本会に監査2名を置く。監査は本会の会計及び業務を監査し、これを総会に報告する。監査は理事会に出席できる。
第10条
役員は総会において選出し、任期は3年とする。

(会計)

第11条
本会は、会員が拠出する会費により運営する他、委託事業を受け、その中から運営費を拠出できるものとする。また寄付を受けることができる。
第12条
会員の会費は次のとおりとする。
(1) 一般会員 年額 2,000円
(2) 特別会員 年額 50,000円
第13条
本会の会計年度は6月に始まり、翌年の5月に終わる。

(補則)

第14条
本会則の規定のない事項及び本会会務執行に関する規定、細則等は理事会において定める。
第15条
本会の会則を変更するには総会の承認を経なければならない。

(昭和56年12月19日制定)
(平成13年7月27日一部改訂)